PAGE TOP

赤ちゃんの生死を分ける!防災セットに入れておくべきアイテムとは

パパ、ママ必見!大事な赤ちゃんを連れての避難、ミルクの準備は万全ですか?
TOPPAGE

赤ちゃん連れの避難、忘れてはならないものとは

たび重なる震災から防災セットの必要性が見直されています。

市販の防災セットにはいろいろなものがありますが、なかなか見当たらないのが

赤ちゃん用の防災セット

もう歩けるようになって、食事も大人の取り分けで対応できる幼児からの防災セットはありますが、乳飲み子、離乳食も始まっていない月齢の低い乳児のための防災セットはまだ商品化されていないようです。

つまり、赤ちゃんのいる家庭では防災セットつまり防災リュックに、自分で必要なものを入れておかなければなりません。

赤ちゃんを連れて避難する場合、一般的な防災セットに加えて、最低限下記のものが必要だと言われています。

・母子手帳

・紙オムツ

・おしりふきなどの衛生用品

・ミルク

・哺乳瓶(消毒セット)

・軟水

・ブランケット

このうち、最も大切なものは何でしょうか。

それはズバリ

ミルク

です。

赤ちゃんの生死を分けるといっても過言ではありません。

多少不衛生でも、すぐに命にかかわることはありませんが、ミルクがなくては一日も生きられません。

「うちは母乳だから大丈夫」という人も、安心できません。

ストレスで母乳が出なくなってしまうかもしれないし、ママ自身が被災して母乳があげられなくなってしまうかもしれないのです。

それに、ミルクがあれば夜中の授乳を誰かに代わってもらい、ママはその間身体を休めることができます。

赤ちゃんのいる家庭の防災セットには、何はなくともミルクだけは忘れずに入れておきましょう。

災害時のミルク作りのお助けアイテム

もちろん、防災セットにミルクを入れておくといっても、粉ミルクだけでは授乳できません。

粉ミルクと哺乳瓶、軟水と水を温める加熱パックなどが必要です。

そして一番の問題は

哺乳瓶の消毒!

水を節約しなくてはならない非常時に、哺乳瓶をその都度洗うのは難しい。

消毒液に浸しておく容器も用意しなければなりませんし、電気が止まっていれば電子レンジでの消毒もできません。

こんな時に便利なのが使い捨ての哺乳瓶です。

プラスチック製で軽く、重ねて収納できるステリボトルは、消毒不要でそのまま使えるので、東京の一部の区では災害用として備蓄されています。

また、使用時に伸ばして使うジャバラ式の使い捨て哺乳瓶もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チューボ おでかけ用ほ乳ボトル 使いきりタイプ 4個入
価格:1237円(税込、送料別) (2017/6/22時点)

使うまではたたまれてコンパクトなので、防災セットのリュックに入れてもかさばりません。

使い捨てのパックを哺乳瓶の中にセットすることで、消毒しなくても衛生的に使えるものもあります。

パックはもちろん滅菌済み。

専用の哺乳瓶でなくても使えるものもあるので、赤ちゃんが使い慣れたものを用意したいという人にはおすすめです。

さらに便利なのが、液体ミルク

調乳しなくてもよいので、水(お湯)を用意する必要がありません。

災害時は衛生的にミルクを作る場所を確保できる保証もありません。

その点、液体ミルクなら赤ちゃんを待たせることなく、すぐに授乳できます。

液体ミルクは日本のメーカーでは製造・販売していませんが、Aptamil(アプタミル) 、Similac(シミラック)、Cow&Gate(カウ&ゲート)、Hipp Organic(ヒップ オーガニック)など、海外メーカーのミルクがAmazonや楽天広場から購入できます。

なかでもベビーミルクメーカーとして50年以上の歴史を持つAptamilは、月齢別に新生児から飲めるミルクや、専用乳首のついた哺乳瓶の要らないセットなど、ラインナップが豊富に揃っており、多くのパパやママに支持されています。

Similacもアメリカの多くの産婦人科で使われる、ポピュラーな液体ミルクメーカーです。

オーガニックタイプなどいろいろな種類を取り揃えています。

特定のメーカーのミルクしか飲まない、飲ませない、というこだわりがないなら、もしものときの備えにこうした液体ミルクを用意しておくと安心です。

inserted by FC2 system